震災の現場は安全最優先で
この古い友人は、いつもわたしに大事な言葉をくれる。
「本当に自分のためにすることは、人のためにすること」
15歳の私が聞いた言葉とまったく同じことを今も言っていると思う。誤解されそうな言葉だが、誰もがこのことを、よく考えていけたらいいと思う。



朝日新聞2011年3月23日神奈川13版 12ページ
オピニオン・声

震災の現場は安全最優先で

大学教員 長瀬 修
(横浜市港南区 52)

「安全が確保されない限り、仕事はしないから。安心して待ってろ」。19日に福島第一原発での危険な放水活動をした東京消防庁総括隊長の富岡豊彦さんが、ご家族に寄せた言葉に心を打たれた。

大災害が引き起した事態は、ともすると、支援する方に「命がけで」という気持ちをさらに持たせるかもしれない。職務に命をかけてという気持ちは尊い。しかしそれが現実の命がけの行動とならないよう、ブレーキをかけることが緊急事態でこそ重要だ。

昨年亡くなった父は特攻隊の志願兵だったが、幸いにも生き残った。第2次世界大戦から学ぶべき教訓の一つは、二度と「特攻隊」を生み出してはならないということ。越えてはならない一線がある。

震災現場で活動して下さっている多くの方に心から敬意を表したい。プロは自らの安全を確保して活動することでみんなのお手本となってほしい。ギリギリの場面でも限界を見極め、自分のため、家族のため、そして社会ののために、必ず無事で帰るという心構えをお願いしたい。そして私たち社会は、「命がけ」の場面を生み出さないことに全力を注がなければならない。
[PR]
by sasanoel | 2011-03-25 07:28 | 取材ノート
<< ご迷惑をかけに行きます。 横浜市一般市民の住宅提供の募集! >>


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧