4月9日(土)
Date:2011年4月10日10:22
Subject:取材ノート | 写真
by:sasanoel@8時仙台発さくら交通移動中

4月9日(土)震災後3度目の石巻である。4月7日(木)の大余震から2日目。今回の揺れは、3月11日よりひどかったと言う人もいる。恐怖の心象が生々しいためそのように感じるのだろう。度重なることに、さらに疲れ、それを表情に出すまいとしている。
昨日(4月8日)は仙台から宮城への高速バス(宮城交通)は運行を休止、一部運行を始めたばかりの東北新幹線も、7日の余震の影響で運休、また駅を封鎖してしまった。

仙台からの始発のバスで石巻へ向かうバスで隣りになった、座間の苅田さんは、女川町で生きていた両親に初めて会いに行くのだという。石巻大橋臨時バスターミナルからタクシーに乗って女川へ向かって行った。

南境
7日(木)23時32分、牡鹿半島沖を震源とする震度6強の揺れが起き、石巻市南境でひとり縫製業を営む叔母のたか子はしばらく裁断台の下に隠れていた。ほどなく隣人が来てくれ、津波警報が発令されたので高台に避難した。警報が解除されたのは午前2時ごろ。ひとまず、隣人の家に避難させてもらい、その日は泊めてもらった。翌日も、夜は怖かったので泊めてはもらわなかったが、隣りの家にいた。
専修大学のある南境には、大学を作るときに10mの堤防も作られており、浸水被害はなかったが、さらに高い津波が来たら、と思うと不安だった。
9日の夜訪ねて行くと、その日は、眼圧が高く不調のため仕事を休んでいたという。かかりつけの眼科医は駅前の商店街にあったのだが、病院も、お医者さんも津波でなくなってしまい、被害の少ない蛇田地区の眼科へ行った。

不動町
不動町の叔父も、無事だった2階からまた山のほうの避難所になっている施設に移動して一夜を過ごした。

9日の昼ごろ、叔母とともに叔父のいる自宅2階を訪ねた。行政は二次避難を奨励しているため、二階が無事だった叔父は、自宅に戻って暮らしている。
「ミサワホームと、ヒロシ(従兄)の親友の建築家さんが来てね。ヒロシの親友に頼もうと考えてる。まじめな人は基礎からなおさなくちゃって言う。ただきれいにしようって言う人もいる。でもね、すぐに直すのはやめて、しばらく様子みようと思ってさ」と叔父は言う。言いながらも、「おばあさんの箪笥をすぐ修理せねば」とも。大事な書類を取り出すために、水をかぶって開かなくなっていた大事な箪笥を壊さなくてはならなかった。この作業はヒロシがやった。自分では力がいるからできないが他の人にはさせられない作業だった。それでも、箪笥が壊れたままになっているのが、叔父にはどうにも気になるらしい。
「そんなのね、すぐに直せないっちゃ。どこも被災してるんだから。ガスもね、お父さん、できるだけお金をかけないで直さなくちゃならないんだよ。これからうんとかかるんだから。みんな生きてることが幸せだっちゃ、これから前に向かって行かねば!」と叔母は諭していた。

「どなたかいらっしゃいますかー?」との声に、叔母とともに玄関におりて行くと、大津市からの派遣保険士さんだった。避難所や家を訪問し、被災者の安否確認をしていた。暮らしている人と、その人の体調をきいていた。暮らしている人の名前を書いてほしいと言われ、叔母が叔父と自分の名前を書いて渡そうとするとき、「私は避難所にいます」とつけ加えた。「ええ、いいです。体調とか、お悪くないですか?」との確認があり、どこの避難所か、とは聞かなかった。どのような建物に誰が居住しているかは問題ではないらしい。二次避難のさい、医療・介護のニーズを把握をするなどのことがメインなのだろう。

明友館避難所(不動町)
明友館避難所では、備蓄したものを周辺の避難所や住宅で被災した人に届けているほか、避難所内で生活する人が協力して煮炊きをしていた。たまたま、調理師さんがいることもあって、毎日汁物はついてくる。今夜はある野菜を使って天ぷらを揚げるとか。ほっとする話だ。一方、自宅と避難所を家族と別にする叔父は、避難所へ配給品をとりに行くが、おにぎりとパンに偏っている。買い物に行ったのだが、ちゃんと買えただろうか?

従兄(ヒロシ)の家族は、奥さんと子供3人。入学式は21日になる。
明日から奥さんが出勤ということで、今日は自衛隊のお風呂サービスにお母さんと子供たちは行く。

従姉は、河北新聞に折り込まれてきた住宅の広告を見ていた。そう、避難者たちはこれからのことを考えはじめているし、家に住めなくなって出て行くという単純さは誰にもない。疎開は仕事がなければ良いが、仕事のある世代は仕事を大事にしているから、市外へ出ることはできない。仕事のない高齢者のみの世帯は、もっとも石巻を愛している人々で、地域の宝だ。二次避難という次の課題に向けて、市役所は、明日、11日月曜日から一般受付を開始する。
[PR]
by sasanoel | 2011-04-10 10:22 | 取材ノート
<< 走行中のハプニング! 宮城県災害対策VCのHPで「バ... >>


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧