石巻2002ー2010 竹内敏恭写真展
Date:2011年4月15日22:54
Subject:石巻写真展 | 写真
by:sasanoel@新宿

石巻の風景を写した写真展に行ってきた。

写真家の竹内さんは、東京生まれであるが、奥さんのご実家が石巻市‪田道町‬の時計店で、石巻にはなじみ深いものがあった。定年退職後、現代写真研究所で写真を学び、帰省のたびに撮りためていた石巻の写真は「斜陽を迎えた漁業の街、廃墟となった造船所の姿により寂しくなってしまった街を残そう」という意図で撮り始めた。しかしかつての漁村だった石巻には、活気こそないが、新たな人々のそれなりに楽しげな日常生活があった。確かに、石巻の人の日常生活があったことがわかる。
東京で、好きな石巻の写真展ができることになり、竹内さんが写真を現像していたとき、地震と津波が竹内さんの写真の風景を全て飲み込んでしまった。
モノクロの35点は、どれもつい昨日までの風景なのに、何十年も前の、遠い昔の路地に差し込む光の暖かさを伝えているかのように感じた。そこに光が差し込んでいたのに・・と。(ササノエルがすでに瓦礫の山を見てしまったあとだからなのだけど・・)

「ここにいると、今の石巻へ行ったという人からいろいろな情報をもらえるんだよ」と、竹内さんはいう。いまは展示があるから行けないが、写真展が終わったら、石巻へ行こうと思っているようだ。いつか、石巻の人たちに懐かしく見てもらえるときがきたら写真展をやりたいという。展示した写真以外にも、たくさんの写真があるという。竹内さんの貴重な写真たちは、自然がもたらした皮肉な命を与えられた。

竹内敏恭(たけうち・としやす) 写真展 石巻2002ー2010
日程:2011年4月12日(火)〜21日(木)
会場:新宿 コニカミノルタ ギャラリーA
アクセス:JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

石巻の写真を展示する竹内さん。昨年亡くなった友人カメラマンの友人だった。
[PR]
by sasanoel | 2011-04-15 22:59 | 取材ノート
<< 震災から1ヶ月と5日目の石巻ー... 4月15日(金)石巻に関する報道 >>


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧