<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
グラスゴー取材を終えて、ぼんやり考えること
d0230639_10174150.jpg


現在、正直、自分自身の考えが完全には定まらないまま、状況の変化そのものに取材対応しようとしています。オリパラ開催のために組織委員会が見積もった費用の推移をみても大きく膨らんでいるので、その影響があるのかもしれませんが、当初あまりにも小さな、知られていないテーマとしてきたものが、今後は日本社会でも、戦争、平和、医療、福祉、市民活動、そしてもちろんスポーツ、アートと、さまざまな方面から注目される重要なモチーフとなってきていると感じています。

理想は、これらのさまざまな角度から、マルチにモデリングできる体制にして、取材、撮影、編集、配信のすべてを見直していきたいですが、実際は、状況を検討をするために必要なことを考える以前の段階で、わたし自身が答えのみつからない奮闘を繰り返している気がします。

結局、パワーアップしたメディア体制が必要と考えながら、経費削減しなくてはならず、一人+ボランティア、協力者で行っているのが現状です。しかしその経費もふくらんで、今年に入って経費だけで100万円以上を旅費に使っており、それ以外の経費を自分の給料、臨時のカンパ、借金などから補填してきました。

2013年9月に開催都市に決定してから、オリンピック界とパラリンピック界の統合がこれまでになく縮まってきています。それはあるいみ、自分も含む社会が望んできたことです。パラスポーツにとって、すばらしい飛躍のチャンスです。
それに対して、グラスルーツ的な甘え、ぼたもち的な幸運でここで取材を続けてきた自分自身が、あまりにも力がなく、すべての面において力の足りないことを感じています。

そして、何より、パラリンピックは不可能を可能に変えることを教えてくれるモチーフであり、けしてあきらめない選手たちの活動に触れることにより、その最前線にいるという立場を忘れてはならないと思います。自分に言い聞かせて、取材を続けています。

これからもこの選手たちによるパフォーマンスを伝えることができればと思いますが、オリンピック・パラリンピックがともに語られることにより、配信対象も広まり、伝達の可能性も高まってきていますし、情報発信の活動としてもその枠組みから考え直す必要がでてきていると思います。あらたなメディアも立ち上がっていますし、パラフォトの活動もリセットが必要と思います。

では、わたしがあるいは、ファンの取材者が取材をしているパラリンピック、パラスポーツはどこへ向かおうとしているのでしょうか。5年後がすべてではないことはわかりますが、ではその5年間の機会をどう過ごすのでしょうか。

そんな取材者の悩みより、ずっと前から、パラリンピック選手、競技をとりまく環境は「ハイパフォーマンス」にふさわしいものがもとめられています。
オリンピックとの正式契約が始まった北京大会では、競技の技術やレベルが大きく変化していくなかで、これまでの関わるスタッフもレベルアップ、専門化しなければならない状況を突きつけられた。もちろん、私たちも取材現場で培った技術や知識を活かせる取材環境を整えていかなければいけない。

そして、それによって、市民の社会や生活が何をどう享受していくことができるのか?ということを、取材者として自覚できるようなレベルまで突き詰めないといけない。まず知られていなければ、メダルの成果だけでも伝えることが重要だったが、開催国として約束された存在となった今、その先に、何を魅力として、その価値を伝えていけるのか。NPOメディアとしてどう関われるのか・・。
[PR]
by sasanoel | 2015-07-25 15:28 | 取材ノート
取材がおわり・・宿を変えました。
d0230639_893936.jpg


7月13日〜19日のIPC世界水泳選手権大会をファンのメディアとして記録し、発信するために、スコトットランドのグラスゴーまできました。期間中の話題をこちらに載せようかと思いましたが、余裕がなく、フェイスブックのみとなりました。

さて、大会がおわり、いろいろとありましたが、デイレポートの最終日をアップしました。
今回は、撮影から出稿まですべてひとりでしたが、カメラを提供いただいたニコン様、イギリスの観光情報に詳しいロンドンコーディネーターの能津さん、パラフォト事務局の森田さんに資金的に苦しい中、助けていただきました。ありがとうございました。

あと、サンフランシスコから地元選手の活躍を伝えたいと、障害者馬術の取材者の田中さんが連絡をくれ、遠隔との連携で記事作成ができました。
ロンドン取材班で、スポーツファーマシストでもある榎村さんに駆けつけてもらい始動できました。ドーピングに関する記事配信もできました。

また、何より、日本でわたしの記事を配信してくれた、越智さん、いっぱいご迷惑おかけしてしまいました。いつも助けていただいてありがとうございました。

榎村さんには現地でグラスゴーまでの交通費を佐々木の生活費としてご寄付いただき、そのお金で、わたしは昨夜から現在の宿に移住させていただきました。ここセントラルグラスゴーで、これまでの記事の見直し、数時間の街歩き、そして、このように感謝の記録を綴ることができるのも宿を移したからです。

現地の日本メディアは、新しくIPCとドキュメンタリーコンテンツの制作を契約したWOWOWのスタッフ、NHK、共同通信、フリーウエブメディアときていましたが、ロンドンからのスタッフが多い現場でした。ロンドンで働く日本人にふれたことは、とても勉強になりました。日本で感じるさまざまな疑問を日本ではほとんど口にすることがありませんでしたが、彼らの人柄のためか、とても自然な仕事への姿勢のためか、とにかくわたしも素直にいろいろな話をしました。もちろん、マスメディアとNPOメディアでは立場がまったく異なるのですが、そこで取材に取り組む意味では、違いは何もありません。

今回、最も感じたことは、自分自身の甘さです。たとえ、ひとりであろうと、どんなに疲れていようと、記事を書くからには精度をたかめなければなりません。誤報を何度も配信してしまい、せっかく応援してくれる仲間に迷惑をかけてしまいました。取材がしづらかったり、そんなことは、いつだってあることで、まずはこの課題を次回になんとか残さないようにしないといけません。

NPOメディアで、サポートもボランティアなので、お願いしまくりで、もうこれ以上手の打ちようがない・・などと考えてしまいますが、どこかに、活路はあるはず。

d0230639_810251.jpg


というわけで、昨夜までお世話になった、Onslow Guest Houseを引き払い、セントラル・グラスゴー駅に近いユニオンストリートのGrassHopper Hotelに移住してきたわけですが、ここから、明日の便で一度日本に帰ります。

大会期間中の宿であるOnslow Guest Houseですが、取材の宿の基本であるネット回線が弱すぎました。ケータイのWiFi程度ならなんとかつながりますが、パソコンでメールや記事の更新ができないとなると、もうほとんどお風呂とベッドと朝ごはん。というまぁこれも大事な機能ですから、毎日帰っていましたが、正直長期滞在にはむかないです。メディアセンターに泊まったほうがよかったかも。。
イギリスの宿はプレミアインが日本でいう東横インみたいな感じかなと思います。高品質なネット、安い、あさごはんつき。とすると東横インレベルはほんとうにありがたい。いずれにせよ、取材でネット環境がないような宿なら、ネットカフェのほうがましです。スコットランド人の英語や日常の文化に触れるよい機会となり、バス通勤も慣れましたが、わかりきっていたのに間違えてしまいました。あらためて反省です。

d0230639_881898.jpg


滞在期間中、ほとんどお金を使わなかったので、エジンバラへ足を伸ばそうかかんがえましたが、結局、グラスゴーの街や川沿いを散歩して、宿にもどりました。前回、ロンドンでは飛行機に乗り遅れそうになりかなりアクロバットがあったのですが、グラスゴーは空港が近く、岡山とか旭川なんかとほぼおなじくらい、こじんまりしていて便利です。そして、何より、古くて、文化的な建物に満ちていて、アテネの遺跡の近くでも感じたような、人々の時間をよい形で積み重ねてきた歴史を感じます。

思いつくままに書いていますが、
もっとも大事な振り返りは、今回のような配信をNPOメディアとしてどう続けていけるか?ということです。
今回、日本メディアからの配信は少なく、パラフォトでの発信の比重も大きくなったため、駆けつけ取材でファンのメディアというスタンスは通用しなかった。選手団広報担当の方からも直接の修正依頼が送られてきて、どんなに回線が遅いと言っても直さない限り眠れません。おかげで、コンテンツの見直しに多くの時間をかけましたので記事の精度は高まりました。ネットメディアなので、遠隔校正できるのですが、手の空いている編集者もつかまらず、撮影から配信までを一人で完璧にやらなければなりませんでした。そのため配信直後の誤報がつづきました。

そういえば、まだ声をかけていない協力者がホンジュラスにいましたね・・・今回はフェイスブックでも呼びかけ、気づいた人がメッセージを送ってくれるという形で、何人かの方にご協力いただきました。ただ記事を楽しもうとしていたのに、仕事に巻き込んでしまいましたが、本当にありがとうございました。

覚えておくために、この投稿をしておきます。

何か、お気づきの点がありましたら、ご連絡ください。

今後とも厳しいご批判と暖かいご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by sasanoel | 2015-07-21 08:11 | 取材ノート
グラスゴーに到着
さすが都会です。
d0230639_751734.jpg

[PR]
by sasanoel | 2015-07-11 08:11 | 取材ノート
グラスゴー2015 IPC水泳世界選手権の取材にいってきます。
d0230639_14545156.jpg


これから夜勤の仕事をして明日の朝帰宅したら、とりいそぎ荷物をまとめてグラスゴーへ、水泳の取材に行ってきます。写真は、けさお見送りしたパラスイム日本選手団。

パラフォトでこれまで日本と世界のパラリンピック選手を応援しながら、ファンのメディアとして取材してきたことは、2016年リオパラリンピックで、トライアスロンが正式種目になったことで、地元横浜で行われている「WTSパラトライアスロン」を取材、そして地域での障害者のスポーツを知り知らせる活動、交流へとつながっています。

パラフォトの活動は、「知り、知らせる」と言っていますが、その立場をまず知る、つぎに知らせる、と変えていきながら、だんだんと浸透していけばいいなと思っています。

そんなわけで、リオ1年前となり、耳をすませば、パラリンピックの足音が聞こえてきます。水泳の選手達の活動にふれ、感動しながら取材してきたことを思い出し、来年にむけた準備の始まりです。

今回の取材、パラリンピックやアジアパラリンピックのように、総合大会ではなく水泳のみの世界選手権ですので、現地では水泳のみ。また、これまでと違うのは、ほぼ一人で現地へいくことです。これまでは、プロのカメラマン、もしくは比嘉さんのようなアマチュアカメラマンといった写真専門の担当者と行き、ササノエルはミックスゾーンの写真、インタビューと記事のみでしたが、今回は、写真も記事もひとりでこなさなくてはいけません。どうなることでしょう・・。もう出発は明日となってしまったので、行くしかありませんが。

先日、事務局担当がニコンへ用事で行くというので、一緒に銀座についていき、今後のご協力をいただく話をしてきました。担当の方と話をしていて、まもなく、世界水泳がロシアで行われること、ニコンは世界水泳のサポートをしていることがわかりました。しかし、パラ水泳のことはご存知ありませんでした。そうですよね、たいていの人は、パラスイムのことを知りません。健常者の水泳のことだって、そんなに知られていないと思います。今回は20名の選手が、多くの海外線選手の中で実力をだからこそ、取材が必要だと思います。

というわけで、今日は選手の出発を見送りに・・・ちょっとしたミスで、ニコンでなくiphoneですが。また道中更新しようと思います。
[PR]
by sasanoel | 2015-07-08 14:49 | 取材ノート


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧