避難所の立ち上げ
経過報告2

経過報告1、2 は、3月26日に現地を初めて訪問し聞いたことを整理した。

<明友館避難所>
所在地:石巻市不動町2-16-10 石巻市民会館隣
避難者数:110人(3月26日・河北新報)

石巻市民会館が老朽化により3月14日より耐震調査が行われる予定だったこともあり、その隣にある市民活動施設「明友館」が、事実上、不動町の人々の避難所となっていたが、正式な避難所登録がされていなかった。そのため実際に予定通り避難した人々が生活に必要な環境を整えるまでに時間がかかった。

11日(被災当日)は雪も降り、気温は低くなった。明友館は電気、水道、ガス、情報などの全てのライフラインがなく、避難者は寒さに凍える一夜を過ごした。

食料は2日目の11時すぎ、はじめておにぎりが届いた。誰の配慮なのか、わからない(3月27日現在)。それから、4日目(14日)まで、水、おにぎりのみだった。
避難所の整備のため、食料、燃料、作業用具などの略奪もせざるを得なかった。従業員のいたところは、避難所の立ち上げのために必要だからと事情を説明して理解を得た。
(一馬地区、パチンコニューセブン、南国フルーツ、ヨークベニマル、ワークマンより、避難所の立ち上げに必要な物を調達。無断となってしまったこともある。自動販売機1台も設置している土地の使用者にも頼まれて壊した)

13日(3日目)
女川からの避難者が増える。
<男たちのグループ>
 千葉さん 明友館職員、ハーレーダビットソン全国組織にも所属。全国のバイク仲間に呼びかけ。
 今野さん 株式会社 かきあめ喜栄、石巻名物・かき飴の製造、露店商。売り物のかき飴をたくさんもってきてくれた。

15日(5日目)
不動町の町内会の人がきて、責任者をきめる。


電気は27日現在、まだにつながらず、携帯電話の充電は発電機で行なっている。
インターネットは繋がる。
by sasanoel | 2011-03-29 03:32 | ヒロシから
<< 避難所の事務所にテレビがついた 不動町・明友館 >>


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧