金曜日の夜、首相官邸前で抗議する人々
d0230639_4173247.jpg

10月12日(金)、18時より首都圏反原発連合主催による首相官邸前で反原発のデモが行なわれ、76週目になるという毎週金曜日の抗議行動に仕事帰りの会社員や主婦、家族連れなど地元都民のほか、今回は、原発が立地する各県からの参加も多くあった。

昨年の夏、私は脱原発6万人パレードに石巻の人々とあるいて、デモの会場は1年以上ぶりになる。1年以上、つねに市民の抗議行動は続けられてきた。主催者は当時とは変わったが、参加する人々の顔ぶれは同じような気がする。11月11日の100万人への呼びかけを目標に、場作りを絶やさないようにしている。もしここでの抗議がなければ、福島や全国の各原発立地の人々はどんなに心細いだろう、と想像する。
発信側からの「脱原発」という言葉は消え、「反原発」とはっきり銘打っており、それだけ、切実なものを感じた。人々は、白い風船を手に長い列で抗議を続けていた。
d0230639_4132734.jpg

首相官邸前の交差点のまわりだけで、十人以上、すぐ近くにも10人以上の警官がにらみをきかせていた。
19時15分、「誰か首相官邸に抗議したい方いませんか?」という主催者からのよびかけに、いざとなると希望者は少ない。ブラックリストに載るのが怖いのだろうか。しかし、2名の海外在住者が、マイクをもった。そのうちの一人は、
「ニューヨークから、母の法事もかねてきました。選挙で変えないといけない。いつも選挙民がこれだけ声をあげても変わらない仕組みがいけないと思う」と訴えた。
d0230639_4102821.jpg

主催者の男性は、「のぼりなどはやめて、運動のイメージをなくし、誰もが参加しやすいよう配慮しています。今回、市民からの訴えに、鳩山さんが来てくれたりもした。10万人が集まったときは、新聞各社も報じてくれた。手応えはあった。ただ2時間のシュプレヒコールは正直つらいかもしれない。ジャーナリストが話したりもしたが、何かもっといい案はないですか?」と話していた。

「たくさん来て、集まっている」と主催者はいう。だから、人を集めるという目的は達成できたという。たしかに、1日10万人、100万人と集まればすごい数だ。あとは集まった人で原発を止めるというか、社会をなんとかしないといけないが、意志をもって集まった人でどうしたら社会を変えていけるのだろうか。
d0230639_420336.jpg


<震災後の反原発市民の動き(大雑把すぎるかもですが・・)>
2011年3月11日後
原発をめぐる市民の動きは、東日本大震災による東京電力福島第一原発事故により大きくふくれあがった。
新世代のデモは、これまでのイメージを払拭する新たなものになった。原発事故や放射能汚染の被害を心配する多くの若者が参加し「パレード」とも称されていた。デモ隊の脇の沿道では出店や行進を応援する人々で賑わっていた。警察官が出動し、逮捕者が出ることもあったが、無防備な市民がほとんどで、警官による不審な逮捕はYou Tubeに投稿され、批判の的になった。

2012年1月
今年1月、脱原発世界会議が横浜で開かれ、世界中の原発や再生可能エネルギーをめぐる動きが多くの市民に紹介された。主導したのは、国際環境NGOで、原発立地県の反原発のリーダーから歴史と現状が報告された。また、東北からの報告をもとに、日本全国から市民団体が参加し、問題解決の糸口をさぐる話し合いが行なわれた。日弁連の河合弘之氏は、日本で過去54基の原発建設への訴訟裁判のやり直しをすべきだと訴えた。

2012年5月〜
そして、そのなか、全国にある54基の原発は、定期点検のため今年5月に全てが停止した。
その後、国民の8割が反対する中、6月、政府は大飯原発(福井県)3、4号機を再稼働を決定した。7月からの稼働にむけ、首相官邸前での市民デモは10万人にふくれあがった。しかし、多くの国民の声を無視するかのように、大飯原発は最稼働してしまった。

**

現在
昨日のニュース。静岡県にある浜岡原発の再稼働の是非を問う16万人の住民投票への条例案が11日の県議会で否決された。住民は原発を止めろというのではない、まず最稼働するかしないかを住民投票したいということなのに。その権利をうばってしまった。この国で主権を持つのは国民ではなかったのか?ここ日本で、数日前に本当に起きたことで、強烈なニュースだった。

なぜ、市民の原発反対への声は反映されないのか?

これから選挙があるといっても、全体をみて投票するとなると、反原発への視界はぼやけてしまうかもしれない。でも、原発をめぐる立案や方法については、このさい議論を重ねて、はっきりと打ち出して欲しい。都合のわるいことをぼやかすことができる体制のなかでは、他の多くの問題についても対応を任せるのはちょっとむずかしいんじゃないかと。

<参考>
11.11反原発1000000人大占拠(首都圏反原発連合)
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=1275

震災後のデモについて 柄谷行人さんのHP
http://www.kojinkaratani.com/jp/essay/post-64.html
by sasanoel | 2012-10-13 04:11 | 東京
<< 挑戦すること、挑戦をあきらめな... いわきから届いたカツオ >>


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧