ネットワークビジネスの犠牲者? 幼なじみの親友へ
10年ぶりに再会した親友は、ネットワークビジネスに長いこと時間をつかってきたようだ。



「経済生活(=消費活動、物質)と、生活(=生きる活動、意識)は全く違う」とおもう。どちらも大切だし、バランスよくあることが理想だと思うけど、うまくいかない中で、どうするか、迷ったり、悩んだりしながら、自分だけのライフスタイルを工夫していくんだと思う。



心のどこかで不安が解消されないと、依存や、破壊的な行動に逃げようとする気がする。それは、自分のためとか、お金のためとかじゃなくて、家族や将来のためだったり、大切な人のためだったりすると思う。だから、まじめで素敵な動機と思う。



ただ、個人的なつながりや対話を、消費活動のための手段にしなければならないコミュニティビジネス、ネットワークビジネスの場面は、生きる活動に潤いを求めたり、友情を育もうとする場面とはかみ合うところがない。いれかえたり、同じ次元においてしまうと、本質を変えてしまうとおもう。


あたりまえだけど、友情(意識)を求める相手に、消費(物)を促すのはかみあってない。よわい自分にも大切な相手にも負担をかけることになると思う。それを重ねることは、単純に「被害者を生み出すこと」にほかならない。そうなった時に、相手の自己責任と言えるのか?。相手にもよる?(ササなら大丈夫とか~_~;)それは、お互いのふれあう心の領域を、いろんなものと一緒にして薄めてしまうようなものと思う。信頼が音を立てて醜くすり替わってしまうのがわかるよ。そこが一番大きな犠牲であって、被害じゃないかな。

私よりずっとアタマのいいあなただから、自分のしてることにも不安だと思う。
心が生きて行こうとしてるのに、自分のためにも周りのためにもならない勘違いな犠牲は無用とおもう。

どんなつらさも感じる心を育てることをやめようとしたり、いつか壊してしまったら、すでに得ているものも感じることができなくなるだろうし、あせって不安が余分に募ってしまうよ。この先、生きる心が育つばかりか、しまいには心を殺してしまうようだと、数字が大きいか小さいかぐらいしか、感情のサインをうけとれなくなってしまったりね。隣で心から笑っている人の真似をして、面白くもないのにつくり笑い・・なんてなっていたら、笑い方忘れてると疑ったほうがいいかもね。

どの程度の不安があるのかわからないけど、デイモスの花嫁(また、ふるっ!)じゃないけど、黄泉の世界に突っ込んでいる恋人に悪の帝国をつくろうと誘われて、やさしい恋人は相手を理解しようとしたり、希望をもとうとしたり、説得したり、自分のせいかと、悩むだろうね。つらいとおもう。

おなじように、生きる活動、意識寄りの活動を重視するあまり、宗教に救いをもとめて、経済生活をなくしてるのがオウムとかの現象だと思う。
オウムじゃないけど、何年かに一度、昔の同僚に勧誘される。断ると、「いいの?地獄に堕ちるよ」って心配してくれる。洗脳は明らかだから、こちらも心配して、つい話が長くなるけど。

自分を考えたら、宗教もお金も、けして無視できる身分じゃないのだけどさ。生き、生かしたいなら、まず自分の身を守ることだとおもう。

いずれにしてもね、そこに行き着くまでのことがあると思う。それは、私の考えつかないようなことかもしれないけど。いつか正直に話してほしいかな。

子供の頃のケンカや私の無邪気な意地悪にムカついたりがあったら、それも心して聞くし。こうして時間が経って、何でも話していい相手にあえるなんて、宝くじにあたるより稀だとおもうから、あらためて、いいつきあいにしたいね。

またね。よい一日になりますように。
[PR]
by sasanoel | 2012-11-15 11:33
<< 下松出身の2人のカメラマン 大分でも話題!「パラトライアスロン」 >>


被災者も非被災者もともに平和で楽しく暮らせる社会をめざして。2011.03.11 ご連絡、記事についてのお問い合わせ、取材依頼は筆者までメールで。sasanoel@gmail.com
by sasanoel
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
横浜
東北
スポーツの前後左右
ボランティア
取材ノート
記事リンク
東京
ヒロシから
動物
福島
作品から
記者会見から
反原発
トライアスロン
TOKYO2020
ササノエルカフェ
以前の記事
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧