人気ブログランキング |

ジャパンパラ水泳競技大会、こぼれ話

d0230639_055537.jpg
7月14日・15日に行なわれたジャパンパラ水泳競技大会の本編の記事(パラフォト)に納めても良かったのだけど、選挙前でどうしたものか?と考えて、こちらに。

ロンドンパラリンピックから一年。競技に向かう選手たちの中で、ひとり、一直線に政治家の道を行く、視覚障害スイマー・河合純一がいた。
大会初日の朝、会場の大阪なみはやドームに集まる選手たちを選挙演説で迎えていた。衆議院議員選挙にみんなの党から出馬した。

競泳選手、日本選手団主将として挑んだ、2004年アテネパラリンピックで金メダルを獲得した後は、選手活動を続けながらも徐々に準備し、政治の舞台へ立とうとしていると感じた。今年は、障害者水泳連盟の会長にも就任している。
政治家となるからには、パラリンピックや障害者水泳のことだけではなく、広い視野で発信しなければならない。遠くから見ているだけだったが、ごく自然に選手から政治へシフトし、違和感はほとんどなかったばかりか、こちらのほうがあっているとさえ感じられた。

先日、ニコニコ生放送で、自民党の元K-1格闘家・佐竹雅昭氏と討論したが、生中継してみると、一般論しか言えない佐竹候補者と自分の言葉で話せる河合の差が歴然と示された。
ちょっとズレるが、この生討論の状況を見て自民党は出演者の人選をたまたま間違えたというより、プロフィールだけの賑やかしで中身のない候補者ばかり集めているとみえてしまった。選挙や政治に関心のない有権者にアピールするには、それで十分だったのだろう。選挙を真剣に捉えるこれからの有権者に、通りがかりの人に名前を覚えてもらうための「3秒戦略」が通じなくなるのは、時間の問題だ。

スポーツに象徴される、障害者と健常者が区別されてきた日本の文化を問い直し、スポーツ、障害、教育の面から当事者として、政治に向き合い、選手時代とかわらない挑戦をしようとしている。

「見えないからこそ見えるものがある」は河合の選挙キャンペーンのキャッチフレーズだが、2016年は、河合純一がオリンピック・パラリンピック招致の最終スピーチをコペンハーゲンで行なった中に、その原型がみられる。彼なら、証明することができるだろう。政治でもメダルをたくさんとって欲しい。

IOC総会で、パラリンピアン河合純一選手のスピーチ(パラフォト)/日本のパラリンピアンが世界に高く評価されたスピーチだった。
http://www.paraphoto.org/2006/?article_id=413

河合純一公式サイト
http://your-kawai.net/wp/

写真:7月14日、大阪なみはやドーム前で。
by sasanoel | 2013-07-20 00:08 | スポーツの前後左右